若狭彦神社 ~若狭国一宮 1 ~

a0077487_13102156.jpg


福井県小浜市竜前

若狭姫神社と二座・若狭国一宮



■御祭神 若狭彦大神 (彦火火出見尊)


郡名から遠敷明神(おにゅうみょうじん)ともいう。

最初に若狭彦大神が降臨したのは、ここより2kmほど南。

「お水送り」神事が行われる鵜ノ瀬付近から、

715年にこの地に遷座されました。



さらに1.5kmほど北に若狭姫神社を分祀。

延喜式神名帳には「若狭比古神社二座」と書かれています。

社殿前にある基壇は、古代の「式年遷宮」の跡かと思いましたが

倒壊した拝殿のものだそうです。




a0077487_13112378.jpg



「彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)」は、

神話で有名な山幸彦のことです。

しかし遠敷明神は、漁に夢中になって修二会に遅刻(後述)した神。

はたして御祭神は山幸彦なのでしょうか。

若狭彦大神(遠敷明神)は、たとえば明治の祭神考証により

国家神道の名のもとに古事記に記載された

山幸彦に比定されたのではないでしょうか。

無知な私の個人的想像ではありますが、

いつか宮司さんにお話を伺ってみたいと思っています。

とは言っても、現在はここには社務所がありません。

室町時代頃まではこちらが祭祀の中心だったそうですが、

以降現在に至るまで若狭姫神社の方に移っています。



若狭という地名は、

朝鮮語で「行き来」を意味する「ワカソ」に由来するとも言われます。

古代から朝鮮半島から多くの渡来人がやって来ていたようです。

現代でもこの地では、

狂人的独裁者がいる某国による忌わしい事件がありました。

若狭と半島が航路的にも近いという証拠なのでしょう。



a0077487_13122683.jpg



手水舎はなく、代りに自然の湧水を竹筒で境内に引いています。

「甘泉」の看板がありますが、その名の通り甘くておいしい水です。

遠敷川周辺の伏流水は、

東大寺・二月堂の「お水取り」に送られる水なのです。




a0077487_13131528.jpg


a0077487_13133494.jpg


a0077487_13134555.jpg



若狭彦大神が降臨した地には「鵜ノ瀬」があります。

ここは東大寺二月堂の若狭井へと、

地下水脈が通じていると言い伝えられています。

若狭神宮寺の閼伽井戸の水を、ここから奈良に送る神事が「お水送り」です。

そしてその10日後に若狭井に届いた水を汲む儀式が

有名な二月堂の「お水取り」なのです。



その由来を簡単にご紹介します。

天平勝宝4年(714)、東大寺の渡来僧、実忠が二月堂を建立した時、
全国の神々を招いて「修二会(しゅじえ・しゅにえ)」を開きました。
その時、魚釣りに夢中になって若狭の遠敷明神が遅刻をしてしまいました。
そのおわびとして、本尊に供える「お香水」を若狭から送る約束をした。
それが「お水送り」「お水取り」の由来とされています。
実際は、東大寺を開山した良弁(ろうべん)僧正が、
鵜の瀬辺りの出身だったことと、上記実忠も若狭で修行した経験があることに
関係があるのではないでしょうか 。




a0077487_13145598.jpg


a0077487_1315971.jpg


a0077487_13152786.jpg




若狭彦神社の参道は、社殿に向かって一直線になっていません。

何度か角度を変えながら随神門に向かう形になっています。

北野天満宮の参道のように意味深なものではなく、

鎮守の杜にある、杉の大木に関係があるような気がします。

森の主のような2本の大木を、神社では「二の鳥居」と称しています。

そこから角度を変えて「夫婦杉」の前に向かい、

さらに角度を変えて随神門へと通じているのです。


社務所もなく奉仕されている方を見たこともありませんが、

いつ来ても清められた美しい参道です。



この記事へのコメント


.
[PR]
by iyashi_tarou | 2007-04-22 21:02 | 神社・仏閣
<< 若狭姫神社 ~若狭国一宮 2 ~ 木島坐天照御魂神社 >>